幼児教室MIE(ミー)より、日々徒然をお届けします。
コラム★MIE三浦先生の 〜ママへの子育てヒント〜 Vol.021
2014年08月15日 (金) | 編集 |

MIE元美先生のママへの子育てヒント



~ 絵本の読み聞かせ ~
 〈3歳児・4歳児〉


コラム Vol.021 幼児教室MIE 代表:三浦元美


3歳児
 文章を作る力や、音としての言葉の使い方の学習としての効果が期待出来る時期です。ストーリー性のある絵本を読むことで悲しさや喜びを感じていくことが出来ます。
絵や文章から“さびしそう。”“嬉しそう。”そして“良かったね。”“頑張ったね。”等と、幼児が共感出来る絵本を選ぶことも大切です。ehon_hahako.png
お母様が、お子様に『字に興味を持って欲しい。』と思う時期でもあります。
焦らず絵本の読み聞かせを続けていきましょう。絵と共にお子様は字を見て絵本を味わっています。
必ず、そして自然に字に興味を持ち始めます。
色・形・物の名称を知る大きな機会ともなる絵本です。夜静かに“絵本読み聞かせの時間”を作りましょう。

4歳児
会話もしっかり出来る様になり、お母様とのお話しも楽しい時間となっていることでしょう。
少し長めの絵本も取り入れていきましょう。
日本昔話や、グリム童話等もその選ぶ絵本の中に入れて下さい。
昔話は日本の伝承文化として知っておくことも大切です。
その中に、現代では使われていない物や言葉使いが出てきます。
それがまた知識になり、興味へと繋がっていきます。
この頃になると、絵を楽しむより、言葉のリズムや言葉の言い回しを含み、お話を想像して楽しむことが出来る様になっています。

これが出来る様になったお子様が、“絵本が好きな子”となります。
気がつけば、ちょこんと座って1人で絵本を広げ、読みふけってるお子様のお姿を見つけた時には、お子様の中に絵本という“宝物”が出来たと、喜んで下さい。
「絵本を読みなさい。」という指示の言葉はいりません。お子様が楽しいと思って絵本を読む姿を褒めましょう。

そして、お子様にとっては自分で読んでいてもお母様の優しい声が聞こえているのです。これが、お母様の読み聞かせの“暖かい声の教育”となります。
rose02.png

『子育てココロバリエーション』

絵本を好きな子をつくるのはお母様です。




最後までお付き合いありがとうございます(^ ^)♪
読んだよ、という挨拶がわりに下の画像を3つポチポチポチと
▼クリック▼していただけないでしょうか?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 幼児教育 ブログランキングへ FC2ブログへ
ランキングアップにどうか皆様のお力をお貸しください m(_ _ m)

幼児教室 MIE 広島校
広島市中区中島町2番22号ミウラビル2F・7F-8F
TEL 082-245-0382
http://mie-kids.com/
テーマ:幼児教育
ジャンル:育児
web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック