幼児教室MIE(ミー)より、日々徒然をお届けします。
...column*「食への関心」
2020年01月17日 (金) | 編集 |

_00001_09_20200117205206655.jpg



お子様の体は、“食べる”ことから作られます。
その為、食材に関心を高く持ち、1つ1つ“選ぶ”ことををしていきましょう。

元気な体は、“食”が作ります。
自然食品・有機農産物へも一度は興味を持って知ることも大切ではないでしょうか。
それを知った上で、どの様に我が家に入れていくかを考える、これが『母の采配』です。
産地直送の旬の野菜・果物・パン・チーズ等の加工品。砂糖等の調味料に至るまで全国に、そ
して世界に凄い数の物が溢れています。肉・魚、そして水と、こだわると“きりがない程”になります。
その中で『母の采配』として選ぶことを決めていきましょう。
食べ物そして、栄養が、その健康を作ります。
何より、小さな体の子ども達になるべく安心で安全なものを選んであげましょう。

スーパー等での『小さな采配』も良いでしょう。
2つのほうれん草の束を見て、どちらを選ぶかも、大切なのです。
自分の生活環境にあった中で、自分の考える選択をしていきます。
店を変えただけでも、その選ぶ物も変わってきます。
少し食について、インターネットや本で見たり、地産地消の“地元の野菜”や“特産物”に目を向けることも良いでしょう。
私達は、外食産業をしっかり使いながらの日常です。
だからこそ、毎日の私達の“食”が大切になっていきます。
“日頃食べる物” “口に入れるもの” “体の血や肉になるもの” を、
作っていく“毎日の食事” を見直しながら、楽しんでいきましょう。
食べることを気遣うことは『自分を大切にすること。』へ繋がります。

自分を大切にし、我が子そして家族を大切にする“Choice=選択”に努めましょう。

web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック