幼児教室MIE(ミー)より、日々徒然をお届けします。
...column*「器用は磨いて作る」
2020年06月18日 (木) | 編集 |

本日は「ママへの心♡バリエーション」
の更新です。
MIE創設者三浦元美せんせいが昔書かれたコラムを
代筆させていただいています。

こちらは講師目線ではなく
元美せんせいがお父様お母さまに書かれたものに
なります。





我が子が幼児になり、「器用に作っていますね。」と、
我が子の工作について声をかけられるととても嬉しくなり、
その喜びは大きなものと思います。
“器用”これは、その子の生まれ持ったものでしょうか。
もちろん、ベースにはそのお子様1人1人の持っている力もあります。
でも、“器用さ”は“磨いていく”ものだと考えられます。


指先を動かし、小さなものを『掴む・押す・力を入れる』
その小さな動きをたくさんしていくことが大切です。
教材の内容は
シール貼り・折り紙・粘土・お絵描き・ブロック・積み木等が大きく分けてあります。

何歳からそれを与えて良いかがなかなか分かりにくいものです。


_00001_17_202006180318154b0.jpg



0歳児 シール貼り(お母様と一緒に)
     玩具・ルーピング・ままごと 

※口の中に入れても安心なもの。
※ルーピングは、海外から入ってきた玉と、迷路の様に動かしていく
玩具です。 バラバラにならない為、安全です。


_00001_18_20200618031816cc4.jpg



1歳児 シール貼り
     折り紙
     粘土(お母様と一緒に)
     ままごと
     玩具
     お絵描き


_00001_19_202006180318189cc.jpg



2歳児 シール貼り
     折り紙
     粘土
     積み木
     型はめ
     ブロック
     ままごと
     お絵描き



お絵描きは運筆を覚える為にも、とても大切です。



不器用、器用などは2歳児までに決まるものでは
ありませんし、「不器用」という言葉で
お子様の可能性を絶ってしまわないように
してあげてください。
焦らずいろいろな遊びを一緒に経験して
お子様に向いているもの、好きなものを
見つけてあげてください。
web拍手 by FC2