幼児教室MIE(ミー)より、日々徒然をお届けします。
...夏祭り6
2019年08月13日 (火) | 編集 |
そして最後にせんせいたちから
みんなへ劇のプレゼントがありました。

年に2回、すべてのフロアのせんせいが一緒にひとつの
劇を作っています。
どうして劇をするんだろう?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
それにはいくつかの理由があります。

1つ目はおともだちに楽しんでもらうこと。
これが1番です。
ミュージカル、とまではいかないけれど
ひとつの作品としてみんなに何か伝わるものがあれば
いいなと思っています。
そしておうちに帰ってからのご家族の会話の種と
なっていたらいいなとも思っています。
「あの先生面白い役だったね!」「〇〇せんせいかわいかったね」
とお話に出てきていたらいいな!

2つめは講師同士の交流です。
今は3つのフロアに分かれていますが
もともとは三浦元美先生のひとつのMIEです。
競ったり張り合ったりするのではなく
一緒に頑張りたいと思っています。
普段、ほとんど交流のないせんせいたちもいます。
でもこの劇を通して新しい交流を、と思っているのです。

そして最後に大人にもこどもにも、みんなに夢を。
おこがましいかもしれませんが
そんな風に思っています。

_00001_07_201908090118200e9.jpg

_00001_20190809011830480.jpg

今年は「Dreamcatcher 夢をつかむ人」という劇でした。
脚本演出は三浦早織が担当いたしました。

ヒロインのリリーは映画製作会社に入社しましたが
まだやりたい仕事が決まっていません。
みんなどんなお仕事をしているんだろう?
どんな仕事があるんだろう?
そんなリリーを大女優レベッカとプロデューサーリックが
各ブースを案内しながら彼女の夢を一緒に見つける、
そんなストーリーでした。


_00001_01_2019080901182992c.jpg

_00001_02_2019080901182721a.jpg

_00001_03_201908090118267eb.jpg

_00001_04_201908090118253fd.jpg

_00001_06_20190809011821804.jpg

_00001_05_20190809011823961.jpg

_00001_08_2019080901181974f.jpg


楽しんでいただけたでしょうか?

web拍手 by FC2