幼児教室MIE(ミー)より、日々徒然をお届けします。
... 大丈夫よ
2020年11月18日 (水) | 編集 |
_00001_09_202011140507528ab.jpg


こちらのカテゴリは
特定の誰かに向けて書いたものではありません。
もしかしたらあなたの心が軽くなるかもしれません。
お時間のある時によかったらどうぞ☆






人生を生きていると
いろいろなことがあります。
毎日が楽しいことばかりではないでしょう。


時には悲しいことがあります。
おともだちと喧嘩しちゃったな、
仕事がうまくいかなかったな、
嫌なことがあった時にそのことについて
考えることもとても大切です。

ああ、ここがいけなかったな。
こうしておけばよかったな。
そんな風に反省をする時間もひつようだと
思います。


でもそんな時間のあとは必ず
ちょっと笑ってみてください。
考えすぎないこと。
ひとりで抱え込まないこと。

_00001_10_20201114050754ba6.jpg



嫌なことや悲しいことがあっても
明日は絶対に来ます。
失敗してしまっても泣いてしまっても
それをばねにすればいいんだよ。

忘れなかったらいいんだよ。




今日悔しかったことはきっといつかの力に
変わります。
ブログを書いているせんせいはこれを今自分で
感じています。

ああ、無駄なことは1つもなかったな、と
よく思います。



大丈夫、大丈夫。




web拍手 by FC2
... 娘からみた母
2020年09月12日 (土) | 編集 |
_00001_01_202009060817093f7.jpg


みんなにとっておかあさんはどんな人ですか?
だいすきなひと?やさしいひと?かわいいひと?
それぞれいろいろな思いがあると思います。



もうご存知の方もたくさんいらっしゃるかも
しれませんが
ブログをずっと書いているせんせいの
お母さんは三浦元美せんせいです。


おともだちにこのお話をすると
「えー元美先生がおかあさんなの?いいなあ!」と
よく言われます。

そんな時いつも
「良いでしょう~」と楽しくお話させていただいています。

ある時はなんでもはなせるおともだちとして
ある時はビジネスパートナーとして
もちろん偉大な母として
私は頼りっきりなのですが
友人や周りに聞くとここまで仲がいいのは
珍しいことなのだそうです。

この関係性を築かせてくれたのは
母が私を信じてくれていること、これに尽きます。
思えば私にいろいろな世界を見せてくれたのも
夢を見させてくれたのも、新しいチャンスをあたえてくれたのも
すべては母でした。


「元美せんせいのこども」がね、
重圧だったこともありました。
みんなに人気の元美せんせいを見ながら
寂しい思いをしたこともありました。
でもね、やっぱり心から自慢のお母さんなんです。

私が絶対に超えられない人は母で、
それを認めたくない時代もありました。
でも今はかなわないなあと思いながらでも背中をいつも見て
追いかけています。



お母さんってね、世界中でたった一人なんです。
回り道をしても遠回りをしても
おうちで待ってくれているひと、それがお母さんです。
みんなのことがだいすきな人がお母さんです。
こどもの私ができるのは
「このこが娘でよかったわ」と思ってもらえたり
心の支えでいることそれだけです。


私のこのブログの記事は
誰かに向けて書いたものではありません。

たとえば
「こどもにそう思ってもらえるままになりたいな」とか
「離れているお母さんに電話してみようかな」とか
だれかがそう思ってくれたらいいなと思い
自分の話を交えながら書かせていただいています。





私も母に会いたくなりました。






web拍手 by FC2
...信じること
2020年09月06日 (日) | 編集 |
_00001_05_20200906074231d5e.jpg


幼児教室に来てくれているおともだちはまだ
乳児さん、幼児さんたちです。
まだみんなにはちょっぴり難しいかもしれませんが
せんせいがみんなの姿を見ていて思うことを
お話させてください。


みんなには無限の可能性があります。
それはせんせいたちにもはかり知れないものです。
これからみんなにどんな未来が待っているのか
みんながどんな人生を歩んでいくのか、
それは誰にもわかりません。


人生経験だなんて大したものはないけれど
みんなよりほんの少しだけ長く生きているせんせいが
みんなにお伝えしたいことがあります。


それは自分を信じること。



これはね、簡単そうで1番難しいんです。
大きくなっていくにつれ、
自分にできないことがあったり
壁にぶつかってしまったり。
そんなことがきっとあるでしょう。

そんな時に気持ちが迷子になってしまったり
どうしたらいいかわからなくて
悩んでしまう日もあるかもしれません。


でもね、絶対に自分なんか、なんて思わないで
自分のいいところをたくさん思い浮かべて
自分を安心させてあげてください。



いつか悲しかったことも悔しかったことも
「あの時あれでよかったんだ」と心から思えるひが
来ます。
この時のためにあの日悔しい思いをしたんだ、と
思える日が絶対に来ます。


だから自分で自分を信じてあげること。



そしてそんなおともだちのことを
絶対に信じてくれているお父さんお母さんのことを
忘れないこと。


みんなの絶対の味方は
1番近くにいることを忘れないでね。




おそくなりましたがこちらのカテゴリを
新設いたしました。



web拍手 by FC2